生理不順の治療について

生理不順の効果的な治療法とは

理不順の治療は原因に合わせて、効果的な治療法による生理不順の改善を考えてみましょう。
生活改善、薬物治療、サプリなどによる治療、手術などさまざまな方法があるようです。

原因の疾患がある場合

無月経や月経不順の治療には、その原因に他の疾患が絡んでいるときには、まずその疾患を改善させることが大切になります。
例えば大病などをすると代謝も落ち体力も落ち、ホルモンバランスも悪くなるため一時的に生理不順にもなります。
しかしこの場合は原因の疾患を治すことが先決となります。

薬物治療

多くの場合、薬物治療が中心となるようです。
高プロラクチン血症の場合は、プロラクチンを押える薬を使用します。

また薬による副作用であれば、薬をやめるようにするしかありません。
そして無月経の場合はホルモン剤を飲んだり、筋肉注射によってホルモンを補うことによって生理を起こさせることを先決とします。

また過度なダイエットなどでの無月経の場合は、ダイエットをすぐにやめることしかありません。
そしてしっかり栄養を摂ることが重要になります。
ストレスなどによるものでも女性ホルモンが減少していることが原因なら女性ホルモンの摂取を行うことが必要です。

また最近は低用量ピルを使用することも増えています。
ピルは1錠に2種類の女性ホルモンが含まれています。避妊効果もあり、生理不順にはとても効果があると言われています。
更年期障害の女性も低用量ピルによって、女性ホルモンの急激な減少を緩和させるために使われています。ただし妊娠希望の女性は使えません。

サプリ治療(ギャバ・マカ・大豆イソフラボン)

サプリによる治療も効果があると言われています。
例えばギャバなどはストレス解消に効果のあるサプリですが、視床下部の大脳周辺のストレスを抑える効果があります。
自律神経の乱れからホルモン分泌異常が起こると言われていますが自律神経を抑えるためイライラも治まり、そのホルモン分泌も正常になります。
ストレスを抱え込みやすい人にはおすすめです。

またマカはアミノ酸のバランスもよく、ビタミン、ミネラルが豊富であり、とくに生殖器に必要な鉄、亜鉛などのミネラルがとても多く含まれています。
精力減退、生理不順、不妊、更年期などにも高い効果が期待できるとのこと。

そしいて大豆イソフラボンには女性ホルモン様の成分が含まれているため、女性ホルモンが足らないときに効果があるとのこと。
更年期障害、生理不順、コレステロール低下、骨粗鬆症などにも効果期待できます。

生活改善

睡眠も女性ホルモンの分泌にはとても重要になります。
できれば早め寝早起きが理想です。良質な睡眠を十分取るようにしましょう。
睡眠不足はホルモン分泌や代謝にも大きく影響があり、生理不順の原因にもなります。

そしてストレスを受けても溜めないようなストレス解消法を、自分なりに持つようにしましょう。例えば好きな趣味の時間を持つようにしたり、楽しみを作ったり、アロマ風呂を楽しむなどそれぞれの方法を考えてみましょう。
また、生理不順などに効果がある栄養素なども補うことも大切です。

↑ PAGE TOP