生理不順の簡易チェック方法について

生理不順の簡易チェック方法

自分の症状が生理不順なのか、簡単にチェックしてみる方法があります。
婦人科はやっぱり気安くに行けないところではないでしょうか。
ちょっと構えてしまうものであって、できれば診察に行きたくないと思ってしまうところです。
そこで先に自分でチェックをしてみて、状態を予想してみましょう。

生理不順の簡易チェックを自分でする

生理不順といっても女性なら誰でも生理があるので長い年月の中には不順があっても当然で
「こんなことでいちいち婦人科に行のもな~」
と思ってしまったりもします。
特に女性の中には婦人科の内診はできるなら避けたいと思っている人も多いはず。

だからこそ、まず自分でチェックしましょう。
ただし簡易チェックの場合は大まかなチェックなので、少しでも異常を感じたらチェックの結果にかかわらず、すぐに病院に行きましょう。

生理不順簡易チェック

1)妊娠の可能性はないでしょうか
2)最近ストレスを強く感じることがありましたか
3)体重が急激に減ったことはないでしょうか
4)おっぱいから汁が出ることはないですか
5)生理が止まってから3カ月近くたちますか
6)何か薬を服用しているか、3カ月以内で服用していたことはないでしょうか
7)今の年齢が30代後半である
8)1~7までに当てはまらずに、基礎体温にも異常はない場合

1)が当てはまる場合は産婦人科へ受診しましょう。
2)~5)が当てはなるなら婦人科へ受診します。
6)が当てはまる場合は薬を処方してもらった医師に相談しましょう。ドラッグで購入した場合は、婦人科にその薬のことを伝えます。
7)が当てはまる場合は更年期障害ということも考えられます。様子を見て辛いようなら婦人科に相談をしましょう。

症状によるチェック

次に症状によるチェックがあります。自分の症状を予想してみましょう。
1)生理の間隔が25日~30日間隔である
2)生理間隔が30~34日間隔である
3)生理間隔が20日以下である
4)生理間隔が35日以上である
5)出血が多いときがある
6)いつも出血がとても多い
7)生理痛がたまにある
8)生理痛が強く、よく起こる
9)生理前や生理中にたまに具合が悪くなる
10)生理前や生理中にいつも具合が悪くなる

この中で1)2)5)7)9)は様子を見ても大丈夫でしょう。
気になることがあれば病院に行くことをおすすめします。
また妊娠を考えている場合は1度婦人科で相談をしてみましょう。
3)4)6)8)10)の場合は、すぐに婦人科に相談にいきましょう。原因を調べる検査などをして、治療が必要になる可能性が高くなります。

↑ PAGE TOP